So-net無料ブログ作成

徳川家光の乱心 激突[1989] [映画感想]

AFCE03AD-3D5B-4A64-9B3F-3FEFE8825AB3.jpeg



三代将軍・徳川家光の後継者である竹千代は、乳母の矢島局と共に渓谷の湯屋で保養していたが、老中阿部重次(松方弘樹)の命を受けた伊庭庄左衛門(千葉真一)が指揮する根来忍者集団に襲撃される。矢島局は秘密の仕掛けを利用して竹千代を隠すが・・・。


堀田正盛(丹波哲郎)が雇った傭兵・石河刑部(緒形拳)とその配下である忍者部隊が現れ、刺客たちを蹴散らす。竹千代と矢島局は刑部たちに無事救出され、堀田家に保護される。しかし、竹千代を討ち漏らした阿部は臆面もなく堀田家を訪れ、「5日後に竹千代の元服式を行うので、江戸城に来るように」という家光の命令を伝えた。この会合で阿部はかつて家来であった刑部と再会。阿部は自らの立身のために刑部の妻だった妹を家光の側室・お万の方として差し出していた。竹千代を警護する用心棒の刑部とその暗殺を企む阿部。

冒頭から見たこともない大掛かりな忍者アクションが展開する。
千葉真一が、当時売り出し中のJAC(ジャパンアクションクラブ)を率いて、時代劇に新しい風を吹き込んだアクション時代劇。ここでも松方弘樹が重要な役で登場するところに既視感を覚えるが、主役の緒形拳が全編に渡って千葉真一に引けを取らないアクションを展開する。どっからどこまでスタントなんかわからへんけど、二人とも若くて元気やねん。元気といえば長門裕之さんのアクションシーンなんて初めて見たわ。

ざっくり言うと、千葉真一率いる武者軍団 vs ジャパンアクションクラブの忍者部隊という構図になるんやけど、そんな中に時代劇初出演のまだ初々しい織田裕二なんかも混じっていて、なかなか楽しい。織田裕二は最近でもドラマ主演などしてはって、いつまでも若いなあと思てたけど、若い頃は、やぱ、カワイイな。

いわゆる「忍者のワザ」もいろいろ実演してくれるし、馬を使った戦闘シーンに至っては息もつかせぬスピード感で退屈しない絵作りに成功している。柳生一族の陰謀でも見せた『高所からの落下シーン』は、ここでも大勢で決行している。役によって飛び降り方にもバリエーションがあってきちんと見せる。ほかに、細いロープを使って渓谷を渡るシーンなど、ありとあらゆるアクションを取り入れた感がある。さらには中国の俳優・胡堅強が披露する様々な中国武術も剽軽で面白い。

ストーリーは荒唐無稽と言ってしまえばそれまでなんやけど、ひとりの人間を守るために、「男たちが命がけの闘いを繰り広げる」というシチュエーションはテッパンやろ? 広い意味では『プライベートライアン』と同じ範疇に入るんやないか?

時代劇は苦手な私でも、この手の忍者モノなら退屈せえへん。今後は出来ないのかな?
現代では、CGでなんでも安全に出来てまう気もするけど、スタントマンによる命がけのアクションだからこそ、手作り感みたいなんが感じられて、ちょっと応援したくなるねんな。

新・時代劇バンザーイ!
なんつってwww

★★★★★
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。