So-net無料ブログ作成

グッモーエビアン![2012] [映画感想]

goomooevone.jpg




ハツキ(三吉彩花)は成績優秀しっかり者の中学生。

ハツキの母アキ(麻生久美子)は17歳で未婚の母となったシングルマザー。

元パンクバンドのギタリストの彼女、今は名古屋で親娘二人暮らしをしている。



ハツキの一番の親友は、アキの理解者でもあるトモちゃん(能年玲奈)。

彼女はおっとりした箱入り娘で、その能天気な発言にしばしば癒されるが、

反面、ハツキを羨ましがる態度に、イラつくこともあるハツキであった。




平和に暮らしている二人のもとへ、

2年間海外で放浪生活を送っていたヤグ(大泉洋)が舞い戻って来る。

彼はアキのかつてのバンド仲間で、2年前交通事故に遭い、

その保険金を資金として単身世界ツアーに旅立ったのだった。




ロックな人生を送るヤグと、一緒に笑いながら暮らすアキを見ていると、

進路についていろいろ考えてしまう多感な年頃のハツキ。

自分以外はみんな好き勝手に生きていると思ってしまう。

でも、じつは親友のトモちゃんも悩みを抱えていて・・・。




女性アイドルグループ・さくら学院の元メンバー三吉彩花ちゃんが

能年玲奈に引けを取らないほど自然な演技を見せてくれる。




人間って、大人になると、いろいろ面倒なしがらみが生じてくるし、

どうしても自分と他人を比べてしまう。

でも、他人の悩みや考えていることに思い至らずに、

不用意に周りの人を傷つけてしまうことも多い。

そういうことに気づくのが、大人になってからじゃ、遅いよね。

一方で、他人にうまく伝えられない真実があることも確かだ。




ヤグの叫びは、心に響く。

「さよなら」と「ありがとう」は言えるときに言わなダメ!

人にも、自分の気持ちにも、絶対嘘ついちゃダメ!




ラストシーンの大泉洋は、サイコーにカッコイイぜ。

さぁて、今夜はカレーにするか・・・。




★★★★★




nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0